37235

スポンサードリンク

1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします



スズキ社のスズキアルト3世代を韓国ではティコと呼びましたね。

私のお母さん、誰かがくれた今にも潰れそうなポニーを乗り回してるが

初めて購入した車がティコだった

私を初めて乗せながら明るく笑ったその表情が思い浮かびますね


大宇・ティコ(wikipedia

大宇・ティコ (Daewoo Tico) は大宇国民車(現在の韓国GM)で製造された5人乗りの軽自動車で、大韓民国政府の軽自動車(キョンチャ)規格によって作られた最初の乗用車である。一部海外市場ではフィノ (Fino) の車名で販売された。

概要
韓国政府の国民車計画に基づき、1980年代後半に大宇造船(現・大宇造船海洋)が日本のスズキと契約を結び、スズキの軽乗用車アルト(CL11型)を元に開発し、1991年から慶尚南道昌原市の大宇国民車工場で生産を開始した。発売当時のマイカーブームに乗ってヒットした車で、このティコを端緒として韓国の軽自動車市場が大きくなっていった。当時、韓国政府の国民車普及促進計画、高速道路通行料50%免除のほか、多くの税制上の優遇、歩道に片輪を乗り上げての駐車の容認など利点が多く、大きな人気を博した。
土台になったCL11型スズキ・アルトには日本の軽自動車規格から直列3気筒657ccエンジンが使われていたが、ティコには大韓民国の実情を考慮して、海外向けアルトに使用されていた直列3気筒796ccのエンジンが搭載された。トランスミッションは3速AT、4速と5速MTがあった。1998年、5速マニュアルトランスミッションをベースに開発されたセミオートマチックトランスミッションが加わった。その年に後継モデルであるマティスが発売されたが、本車は生産終了されず、継続して並行生産された。大韓民国だけでなく、新興市場における入門車としても人気を集め、大宇の傘下にあったポーランドのFSO、ルーマニアのオートモービル・クラヨーヴァ(現:フォード・ルーマニア)、ウズベキスタンのウズデウオート(現:GMウズベキスタン)でも現地組立が行われた。大韓民国内では、総計68万台が作られたが、2000年に最後のモデルが生産されたのち、2001年をもって販売が中止された。




韓国人「日本が革新的デザインの小型車を発表する(ガクブル)」
韓国人「現代・起亜の技術力は三菱には追いついたのか?スズキ、マツダ、スバル、いすゞにも負けるようだけど」→「三菱はとっくに越えてますよ(汗)」
韓国人「日本の軽自動車が遅すぎる件・・・これなら韓国の軽自動車を選ぶ」





参照:http://mlbpark.donga.com/mp/b.php?p=1&b=bullpen&id=201709260009215833

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
今まで現代自動車の車だと(ブルブル)


ニューモデル速報 第510弾 新型アルトのすべて


3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
私も驚きました。私の家の最初の車が日本車だったとは(笑)

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
大宇自動車じゃないの?

5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
大宇で輸入して売ったと思います。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
私も高校生のとき通学するために市外バス乗って通ったけど
そのとき一緒に乗って行って知るようになったおじさんが、ある日停留所にティコと一緒に現れて私を乗せてくれましたね。
どれだけありがたかったか。


7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国唯一の本当の軽自動車です・・・
私の初めての車であり、それなりに愛情がすごくある車。


軽自動車のすべて(2017-2018年)


8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
最初道路で見て子供のおもちゃの車が道路に出てきたと思ってびっくりしたという方も・・・。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
大宇・ティコ。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
アカディアのように持ってきて組み立てたんです。

大宇・アカディア(wikipedia

アカディア(Arcadia )は、韓国の自動車メーカー大宇自動車(現在の韓国GM)がかつて製造・販売していた高級車である。

概要
2代目ホンダ・レジェンドをベースとしたライセンス生産として1994年より発売を開始した。同社としてはインペリアル以来の大型車市場への参入となった。当時、ヒュンダイ自動車のグレンジャー(≒三菱・デボネア)がこのクラスのシェアをほぼ占有しており、その牙城を切り崩すため1992年に日本の本田技研工業と技術提携し、市場に投入された。しかし後述のように、グレンジャーの牙城を崩すことは出来なかった。

37236


11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
幼いとき親戚の家の車がティコだったんだけど
スピード出すとカーオディオのカセットプレーヤーが早く回ったってwwwww


12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします(スレ主)
うわ、カセットプレーヤーも速くなってwwwww

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
えっ。

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
正確に言うと日本車スズキアルトを大宇自動車じゃなくて大宇造船で持ち込み大宇国民車という子会社で生産しました。
何と言っても燃費一つだけは芸術でした。
IMF前、1リットル800ウォンだったころ、大げさに言うと市外バスに乗って出勤するより安上りでした。


15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ギャロッパー、サンタモ、初代グレンジャー、すべて日本車です。

ヒュンダイ・ギャロッパー
初代三菱パジェロのライセンス生産車
37237


ヒュンダイ・サンタモ
2代目三菱シャリオのライセンス生産車
37238


ヒュンダイ・グレンジャー(初代)
現代自動車(車体とデザイン)と三菱自動車(エンジン、パワートレイン、設計)の共同開発
37239


16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
腹が立ちますね。ギャロッパー、初代グレンジャー、全部乗ってたんだけど。