1.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
32746


スポンサードリンク


おすすめ記事


32747

32748




うわ、ドイツと2倍の差(ガクブル)



韓国人「日本で“ノーベル賞”と検索すると・・・」→「やはり兄弟の国」
韓国人「悔しい・・・日本人がまたノーベル賞を受賞しました」→「日本に対する嫉妬が韓国を発展させる力の中の一つ、さらに努力すればいい」
韓国人「韓国がノーベル文学賞を受賞できないのはハングルがあまりにも優秀だから」←これマジでそう考える人が多いみたいなんだが





参照:http://www.ppomppu.co.kr/zboard/view.php?id=freeboard&no=5123072

2.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本クラスでしょう。
あいつらは基礎科学を重要に考えるから。
韓国はそうじゃないし。



知っていそうで知らないノーベル賞の話 (平凡社新書)


3.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本無視するのは中国と韓国しかいないです・・・。

4.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ドイツがかなり弱くなりましたね(ブルブル)
それでもトップ5は変動ないみたい。
英国、米国、フランス、ドイツ、日本。
中国は投資や人口から見てもまだ学問の方では基盤が弱いですね。


5.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>4
ドイツの科学者たちは世界大戦のときにみんな米国に渡りました。

6.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ぶっちゃけ世界基礎技術分野の先導国家の一つなんですが・・・。

7.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
米国 vs 全世界で7つ足りないだけですね(笑)

8.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
支援して3年ぐらい過ぎて成果がないと切るのが韓国です。

9.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国は誰かがもらうと、また共産主義がもらうとくだらないでたらめをするでしょうか。

10.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国は島国野郎だと無視するけど
基礎科学がガクブルする国の一つでしょう。
韓国とは比べものにならない(笑)


11.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
ノーベル賞というのが・・・本当に偉大な発見だから
審査委員も何の研究を選択して、どの学者に与えるべきか難しいと言います。
それで歴代受賞者らの影響力が相当作用するので
本当に全世界が認めるだけの研究結果が出ない以上・・・知らないうちに影響力が作用するんですよ。
それでだんだん格差が大きくなるのです・・・。
それはそうと・・・韓国が一つもないというのは本当にwwwww
投資をしないから・・・。


12.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>11
そうですね。イスラエルは6つもとったのに・・・去年トルコ人も化学賞でとったし。

13.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
米国が訳もなく米国じゃないですね・・・(ブルブル)

14.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
韓国の基礎科学勉強する人たちはみんな医学部に行きます。
科学高校出身たちは結局後で病院で会います。
何人かは他の専攻して再び医専院に。


15.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
日本は尊敬に値する国でしょう。
韓国では越えられない壁の国。


16.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>15
すごいのは認めるけど尊敬はちょっと・・・
国家自体がするアホな姿が全くよくないですから・・・。


17.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
>>15
尊敬はこんな時に使う単語じゃない。

18.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
基礎科学-源泉技術-かなり良い国家収益-国民の福祉と経済及び生活の質の向上に寄与することになり結局先進国へ行く。
もちろん必ずこうだとは限らないが否定することはできないでしょう。
私たちは頭脳の中で基礎科学に邁進する優秀な人材がいないわけではないけど
とりあえず士のつく職業に行くのでなければ少ない方だから。
基礎科学で投資や環境が大きくならなければならないけど、こちらの方に金が流れれば各種不正と利権介入が横行するようになる(笑)
私がちょっとオーバーに表現したのもあるけど・・・相変わらず優秀な頭脳の中で劣悪な環境の中でこの方向で邁進しておられる方々には敬意を表します。


19.名前:以下、名無しにかわりまして韓国人がお送りします
米国、英国、フランス、ドイツ、日本。
クラスは相変わらずですね。